トップページ -> コンピュータ -> Linux のインストールと設定 -> Cent OS バージョン 6.4 のインストールと設定
[サイトマップへ]  

Cent OS バージョン 6.4 のインストールと設定

 

この Web ページでは,Cent OS バージョン 6.4 のインストールと設定手順を図解で示します.

などを行ないます.

参考情報: Linux の Web ページ

参考 Web ページ: 「Linux コマンド集」 http://homepage2.nifty.com/cs/linux_command/command/


準備

システム設定項目(事前に決めておく事項/調べておく事項)

設定項目 データ型 本 Web ページでの設定値
ホスト名(コンピュータの名前) 文字列 centos64
ドメイン名 文字列 kkaneko.com
ネットワークアドレスは固定 IP アドレスか DHCP か ブール値
ホスト IP アドレス IP アドレス
ネットマスク 文字列
デフォルトルータ(ゲートウエイ) IP アドレスまたは完全修飾形式のホスト名
DNS サーバ(ネームサーバ) IP アドレスまたは完全修飾形式のホスト名
初期ユーザのフルネーム 文字列 kunihiko kaneko
初期ユーザのユーザ名 文字列 kaneko
初期ユーザのユーザ ID 正の整数 8010
初期ユーザのパスワード 文字列 <秘密の文字列>
特権ユーザのパスワード (root のパスワード) 文字列 <秘密の文字列>
システムコンソールのキーマップ 文字列 日本語 (Japanese) または 英語 (U.S. English)

※ ネットワークアドレスは固定 IP アドレスか DHCP か

上記に書いた設定は、間違って入力した場合でも、あとで、修正できるので、あまり悩まないように。


Cent OS 6.4 のダウンロード手順

DVD または CD イメージのダウンロード

  1. まず http://www.centos.org を開く.

  2. Downloads」をクリック

  3. Mirror List」をクリック

  4. Source American, Asian, Oceania, Middle Eastern, African and Other Regional」をクリック

    Mirror Site のリストが表示されるので, 国内の Mirror Site からダウンロード

    バージョンを選ぶ

    ■ 適切な.isoイメージファイルを選んでダウンロードすること

  5. DVD または CD を作成

ダウンロードした .iso イメージファイルを DVD または CD に焼く.


Cent OS 6.4 のインストール手順

  1. インストールの開始前に、ネットワークケーブルはつないでおく方がよい

  2. マシンの起動

  3. 起動後に、キーボードの任意のキーを押す.すると起動画面が現れる.

  4. 起動画面では「Install」を選ぶ、Enter キーを押す.

    ※ 「CD Found」が現れたときは、 CD メディアのチェックは省略したいので, Skipを選び, Enter キーを押す.

    ※ 「Skip」ではなく、「OK」を選んだときは,「Media Check」の画面が現れる.

    • CD メディアのチェックを開始するので, Testを選び, Enter キーを押す.

    • 「Media Check」の画面(メディアチェックの確認)

      メディアチェックが成功すると「OK」が出る. Enter キーを押す.

    • 「Media Check」の画面(メディアチェックの確認)

      複数枚のメディアがあり,メディアチェックを続けたいときは、Test, 全てのメディアが終わったときは Continue を選び(下図), Enter キーを押す.

  5. 「Cent OS」の画面

    Nextをクリック

  6. インストールに使用する言語の選択

    Japanese (日本語)または または English (English)を選び, Nextをクリック

  7. キーボードの選択

    キーボードの種類を選び, をクリック

    日本語 (Japanese) または 英語 (U.S. English) を選ぶ

  8. ストレージデバイスの選択

  9. 「ドライブを初期化するか」という警告が出ることがある.

    警告を受け入れる

  10. ホスト名の設定 ホスト名 (=ドメイン名付きのDNS ホスト名を設定する.NIS ドメイン名ではない), をクリック

  11. 地域の選択

    日本なので, 「アジア/東京」を選び, をクリック

  12. Root パスワードの設定

    Root のパスワード(同じものを2箇所に)を設定したら, をクリック

  13. タイプの選択

    パーティションの設定を選べる. ディスクドライブ全体を丸ごと Cent OS で使う場合には 選択したドライブ上のすべてのパーティションを削除してデフォルトのレイアウトを作成を選び, をクリック

  14. 更新をディスクに書き込む

  15. 追加タスクとレポジトリの選択

    ■ サーバ用途ならば,「Basic Server」を薦めておきます.

    ■ デスクトップ用途ならば,「Software Development Workstation」を薦めておきます.

  16. 追加タスクとレポジトリの選択(続き)

    今すぐカスタマイズする」をチェックし, 「次へ」をクリック

  17. パッケージのカスタマイズ

    設定例次のものをチェック

    デスクトップ
        X Windows System
        グラフィカル管理ツール
        デスクトップ
        デスクトッププラットフォーム
        フォント
        入力メソッド
    アプリケーション
        Emacs
        インターネットアプリケーション
        インターネットブラウザ
        オフィススイートと生産性
        グラフィックスツール
    開発
        Eclipse
        その他の開発
        デスクトッププラットフォーム開発
        開発ツール
    

    参考: インストール後, GNOME デスクトップにおいて「アプリケーション」→「システム設定」→「アプリケーションの追加と削除」で, アプリケーションの追加と削除が できるので心配無く. (必要になったとき簡単に追加できます)。

    ※ 各ソフト間に依存関係があります. パッケージ化されていないソフトをイン ストールしたいので、最初、パッケージ化済みのソフトのインストールするのは、なるべく 少なくしておいた方が楽です(つまり、全部チェックする、というようなことは避けておく)

  18. インストール開始の確認

    インストールを開始するので, をクリック

  19. インストール終了と再起動の確認

    閉じる」をクリック

  20. ようこそ画面

    インストールを続けるので, 進むをクリック

  21. ライセンス条項の確認

  22. ユーザーの作成

    ユーザを作成すべきである.ユーザ名,パスワードなどを設定した後, 進むをクリック

  23. 日付と時刻の設定

    デフォルトのままで問題ない. 進むをクリック

  24. Kdump

  25. 認証の設定

    パッケージのインストール後、再起動しますが、 再起動のあとに、ディスプレイの解像度、認証の設定を行ないます

    認証の設定では、NIS クライアントとしての設定を行なうことができる. (NIS の設定ミスなどがあると, 設定後 1分くらい待たされることがある. しかし、あとで簡単に設定の修正ができるので心配しない)


(オプション)bterm インストール

GNOME などのウインドウシステムでなく、コンソール画面で操作を行なうとき に役に立つ設定です(そのため、オプションとしています)。

yum -y install bogl-bterm
lsmod | grep vga16fb
modprobe vga16fb
echo "modprobe vga16fb" >> /etc/rc.local

これで bterm インストールが終りました. ローカルコンソールでの操作時に 日本語の文字化けが起きたら, ローカルコンソールにおいて「bterm + Enter」 で btermを起動し、操作を再開してください.

参考 Web ページ: 「日本語化フレームバッファターミナル jfbterm を使うには」 http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/729usejfbterm.html


(オプション)NVidia ドライバ

NVidia のカードを使っているときは

をダウンロードすると役に立つかも知れません。


不要なサービスの停止

■ まずは yum を用いたシステム更新

yum check-update
yum update

■ 不要なサービスの停止 (Cent OS 5.X 系列での手順)

  1. 不要なサービスを停止

    下記の (a) または (b) または (c) の手順で行なう

    (a) コマンドラインで行なう場合

    /sbin/chkconfig NetworkManager off
    /sbin/chkconfig auditd off
    /sbin/chkconfig bluetooth off
    /sbin/chkconfig cups off
    /sbin/chkconfig hidd off
    /sbin/chkconfig irda off
    /sbin/chkconfig ip6tables
    /sbin/chkconfig mdmpd off
    /sbin/chkconfig netplugd off
    /sbin/chkconfig nfs off
    /sbin/chkconfig nfslock off
    /sbin/chkconfig nscd off
    /sbin/chkconfig psacct off
    /sbin/chkconfig saslauthd off
    /sbin/chkconfig smartd off
    /sbin/chkconfig vncserver off
    /sbin/chkconfig winbind off
    /sbin/chkconfig --list
    

    (b) コマンドラインでなく、GNOMEのツールを使う場合

    1. システム設定」→「管理」→「サービス

    2. 画面で稼働すべきサービスの設定を行なうことができる

    3. 最後に「保存」ボタンを押すことを忘れない。

    (c) コマンドラインでなく、ntsysv を使う場合

    /usr/sbin/ntsysv
    # ntsysv の画面で稼働すべきサービスの設定を行なうことができる
    

yum レポジトリの設定とシステム更新

  1. yum-priorities のインストールと設定

  2. RPMforge ダウンロードとインストールと設定

    最初に、RPMforge が使えるように設定します.

  3. /etc/yum.conf の確認

    「plugins=1」という行がもしなければ付け加える

  4. (オプション)/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo の設定

    baseurl を「近く」に変更する

    vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
      # baseurl の行をすべて、次のように書き換える
    baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
            http://rsync.atworks.co.jp/centos/$releasever/os/$basearch/
            http://ftp.nara.wide.ad.jp/pub/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
            http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/$releasever/os/$basearch/
    

  5. (オプション)非公式レポジトリ DAG の設定

    /etc/yum.repos.d/dag.repo を次のように設定しておきます.

    [dag]
    name=RPMForge: Dag
    baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/dag/redhat/el$releasever/en/$basearch/dag
    gpgcheck=1
    gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY.dag.txt
    enabled=1
    

    参考 Web ページ: 「Fedora Coreの非公式リポジトリをyumで利用するには」 http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/794uofrepo.html

  6. GPG 公開鍵
    rpm --import http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-centos4
    rpm --import http://centos.karan.org/RPM-GPG-KEY-karan.org.txt
    rpm --import http://kde-redhat.sourceforge.net/gpg-pubkey-ff6382fa-3e1ab2ca
    rpm --import http://ATrpms.net/RPM-GPG-KEY.atrpms
    rpm --import http://www.jpackage.org/jpackage.asc
    

  7. yum update によるアップデート

    下記の操作でアップデートを実施する (数分待ちます)

    # キャッシュされたパッケージ等を消去しておくコマンド。古いのが残っていることで起きるかもしれないトラブルを防ぎたい
    yum clean all
    # yum check-update はパッケージリストを更新するためのコマンド
    yum check-update
    # yum -y ypdate は、パッケージリストを使って、パッケージの更新を行うコマンド
    yum -y update
    

    (参考情報) サーバとして運用する予定が無ければ、アップデートの自動実行を設定(「/sbin/chkconfig yum on ; /sbin/services yum start; 」)してもよいでしょう.

    /sbin/service yum start
    /sbin/chkconfig yum on
    
  8. install yumex

    yumex is a GUI for yum

    yum install yumex
    
  9. 再起動し、エラーメッセージが出ないことの確認
    sync
    sync
    sync
    sync
    sync
    reboot
    

    これで yum の設定は終りました.

    参考 Web ページ: 「yum でよく利用するコマンド」 http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/611usefllyum.html

    参考 Web ページ: 「CentOS 4 インストール個人的ノート」 http://www.a.phys.nagoya-u.ac.jp/~taka/linux/co4note.html


ローカルユーザの作成

root でログインするのではなく、一般ユーザでログインし、必要なときだ け su を実行して、root になるという習慣を付ける方がよいです。

そのために、ローカルでのみ有効なアカウント(ローカルユーザ) を作ります。

  1. ローカルユーザの作成と wheel グループへの追加
    1. 「アプリケーション」-「システム設定」-「ユーザーとグループ」
    2. 「ユーザを追加」をクリック
    3. ユーザー名、氏名、パスワード、ログインシェルなどを適切に設定 し、ローカルユーザを作成する

      NIS でユーザ管理を行なっている場合には、必ず、 UID(ユーザ ID) の値を、NISで管理しているユーザ ID と一致させること . NISで管理しているユーザ ID の調べ方は、

      ypcat passwd | grep hogeuser
      
    4. 出来たローカルユーザをクリックし、「グループ」をクリッ クし、wheel グループをチェックする。
  2. (参考) wheel グループへのローカルユーザの追加

    上記の 1. で、wheel グループへの追加を忘れた場合には、 usermod -G wheel hogeuser」を実行して、 ある特定の一般ユーザ(この例では hogeuser)が wheel グループにも属するよ うに設定できます。

    /usr/sbin/usermod -G wheel hogeuser
      # vi /etc/group で直接編集してもいいです
    
  3. /etc/pam.d/su の設定

    wheel グループのユーザのみ root になれるように制限をかけます (root のアカウントを守るための処置です)

    vi /etc/pam.d/su
     # Cent OS 5.X 系列の場合
     # 「auth required pam_wheel.so use_uid」の行のコメントを外す.
     # Cent OS 4.X 系列の場合
     # 「auth required /lib/security/$ISA/pam_wheel.so use_uid」の行のコメントを外す.
    
  4. echo "SU_WHEEL_ONLY yes" >> /etc/login.defs
    echo "SU_WHEEL_ONLY yes" >> /etc/login.defs
    

    これで, wheel グループ以外は root になれない

  5. (参考) /etc/shells には自分が使うシェルを追加しておく

    /usr/local/bin/tcsh のように、OS の標準では無い、自前のシェルを使う時 の設定です。

    vi /etc/shells
     # /usr/local/bin/tcsh のような、自分が使うシェルを追加
    

    必要なら /bin/tcshに対して以下のようにシンボリックリンクを作る

    ln -s /bin/tcsh /usr/local/bin/tcsh
    

(オプション) NIS クライアントとしての設定

共有マシンなどでは、 NIS クライアントとしての設定を行ない、 NIS サーバで管理したデータ(アカウントデータ等)を受けとるように設定す るのが便利です。

  1. vipw の実行

    vipw コマンドで、パスワードファイルを開き、末尾に 「+:::::::」を書き加えておく

    これは「パスワードのデータを NIS サーバからも取り込む」という意味

    vipw
    # 最終行に次の1行を追加
    -----
    +::::::
    -----
    
  2. /etc/group の変更

    NIS クライアントとして機能させる

    vi /etc/group
    # 最終行に次の1行を追加
    -----
    +:::
    -----
    
  3. domainname の確認 (domainname コマンド実行)
    domainname
     # 正しい NIS ドメイン名が表示されることを確認する
    

    もし、NIS ドメイン名が正しくないときは、次のコマンドを実行して変更して おく

    domainname <NISドメイン名>
    
  4. /etc/yp.conf

    「NIS ドメイン名」と「NIS サーバの IP アドレス」を /etc/yp.conf に正しく設定されていることを確認する

    domain <NIS ドメイン名> server <NIS サーバのIPアドレス>
    
  5. /etc/sysconfig/network

    次のような1行を含むこと

    NISDOMAIN=<NIS ドメイン名>
    
  6. 再起動し、エラーメッセージが出ないことの確認
    sync
    sync
    sync
    sync
    sync
    reboot
    
  7. NIS クライアント動作確認
    /usr/sbin/rpcinfo -p localhost
     # portmapper, ypbind についての情報が表示される
    /usr/sbin/rpcinfo -u localhost ypbind
     # ypbind についての情報が表示される
    ypcat hosts
     # NIS サーバで管理されている host が表示される
    

(オプション) ネットワーク設定

  1. /etc/resolv.conf の確認

    /etc/resolv.conf が正しく設定されているかどうかの確認を行う

    /etc/resolv.confには、 DNSで使うドメイン名の設定などを行います。 domain, nameserver, search の行が正しく設定されていることをよく確認すること

  2. /etc/hosts.deny

    セキュリティ上の理由から, 外部からの TCP/IP 通信は拒否するように設定しておきます.

    vi /etc/hosts.deny
     # 次の1行を先頭に書く
    -----
    ALL: ALL
    -----
    
  3. /etc/hosts.allow

    仮に次のように設定しておきます. sshd の行は無駄ですが、後で設定を変えるときに便利なようにしています.

    vi /etc/hosts.allow
     # 次の4行を先頭に書く
    -----
    ALL : localhost
    ALL : 127.0.0.1
    sshd: localhost
    sshd: 127.0.0.1
    -----
    

各種の設定

(1) /etc/ld.so.conf

/etc/ld.so.confを編集して、/usr/local/lib の1行を書き加える.

vi /etc/ld.so.conf
 # 次の1行を書き加える
-----
/usr/local/lib
-----

/etc/ld.so.confの編集が終ったら, ldconfig コマンドを実行する

/sbin/ldconfig

(2) updatedb の実行

updatedb &

(3) (参考) ドットファイル

Cent OS 4.3 でのデフォルトのドットファイルは次の通り。

.bash_profile に「set LANG ja_JP.eucjp」のように書くなど。 (「ja_JP.eucjp」は、それぞれの状況に応じて変える)。

.cshrc のサンプル

set path = (/usr/kerberos/bin /usr/local/bin /bin /usr/bin /usr/X11R6/bin /usr/local/sbin /sbin /usr/sbin)
# setenv LANG ja_JP.UTF-8
setenv LANG ja_JP.eucjp

.emacs のサンプル

;; turn on font-lock mode                                                                           
(when (fboundp 'global-font-lock-mode)
  (global-font-lock-mode t))

;; enable visual feedback on selections                                                             
;(setq transient-mark-mode t)                                                                       

;; default to better frame titles                                                                   
(setq frame-title-format
      (concat  "%b - emacs@" system-name))

; window and font
(cond
 (window-system
  (set-frame-font "-*-*-medium-r-*-*-16-*-*-*-*-*-*-*")
  (mouse-wheel-mode)))

; other settings
(setq next-line-add-newlines nil)
(load-library "term/bobcat")
(display-time)
(setq line-number-mode t)
(setq text-mode-hook (list
		     (function (lambda ()
			       (auto-fill-mode 1)))))
(setq display-warning-suppressed-classes ' (font))

; supress messages
(setq inhibit-startup-message t)
(setq initial-scratch-message nil)

; cc-mode
(add-hook 'c-mode-common-hook
	  '(lambda ()
	     (c-set-style "CC-MODE")))

; anthy
(set-input-method "japanese-anthy")

; kanji code
(set-language-environment "Japanese")
(set-default-coding-systems 'euc-japan)
(set-keyboard-coding-system 'euc-japan)
(set-terminal-coding-system 'euc-japan)
(set-clipboard-coding-system 'euc-japan)
; (set-w32-system-coding-system 'euc-japan)
(setq default-file-name-coding-system 'japanese-shift-jis)
;(setq default-process-coding-system
;       '(euc-japan euc-japan))

日本語関係の設定

日本語入力のために Anthy + uim のインストールと設定を行ないます.

参考 Web ページ: http://uim.freedesktop.org/wiki/

  1. いくつかのパッケージをインストールする
    yum install anthy anthy-el uim uim-anthy uim-gnome uim-gtk2
    
  2. Anthy, uim の最新バージョンをインストールする.

    uim 公式ページ: http://uim.freedesktop.org/wiki/

    下記のインストール用スクリプトを /bin/sh で実行 (次のコマンドを実行)

    cd /tmp
    rm -f anthy.sh
    wget http://www.kkaneko.com/computer/linux/scripts/anthy.sh
    /bin/sh anthy.sh
    

    インストール用スクリプトの中身は次の通り

    #!/bin/sh
    cd /tmp
    wget http://www.kkaneko.com/computer/src/toollib/uim-1.5.4.tar.gz
    rm -rf uim-1.5.4
    gtar -xvzof uim-1.5.4.tar.gz
    cd /tmp/uim-1.5.4
    ./configure --with-x --enable-emacs
    make
    make install
    
    cd /tmp
    wget http://www.kkaneko.com/computer/src/toollib/anthy-9100e.tar.gz
    rm -rf anthy-9100e
    gtar -xvzof anthy-9100e.tar.gz
    cd /tmp/anthy-9100e
    ./configure
    make
    make install
    
  3. (参考) .emacs ファイル(一般ユーザで行なう)。

    この作業は、root でなく、一般ユーザで行なって下さい。 .emacs ファイル(無ければ作る)に、次の1行を入れる

    cd
    vi .emacs
     # 次の1行を入れる
    (set-input-method "japanese-anthy")
    
  4. 入力メソッドの選択を行なう
    /usr/sbin/alternatives --config xinput-ja_JP
      # 「uim」の番号を入れる
    
  5. iiim, canna は明示的に停止しておく

    なお、上記の手順に従ってインストールしたときは iiim, canna が元から入っていないので、下記のコマンドを実行するとエラー が出ます (念のため実行しておく).

    /sbin/service iiim stop
    /sbin/chkconfig iiim off
    /sbin/service canna stop
    /sbin/chkconfig canna off
    
  6. 設定を行なう
    uim-toolbar-gtk &
    

(5) (オプション) 日本語フォント

参考Webページ:http://mix-mplus-ipa.sourceforge.jp/preview.html

IPAフォントをインストールするために、 下記のIPA フォントインストール用スクリプトを /bin/sh で実行 (次のコマンドを実行)

cd /tmp
rm -f ipafonts.sh
wget http://www.kkaneko.com/computer/linux/scripts/ipafonts.sh
/bin/sh ipafonts.sh

IPA フォントインストール用スクリプトの中身は次の通り

  1. 「IPA フォント付きバイナリーパッケージファイル」のフルフォントバージョンと、 「インストール用スクリプト」のフルフォントバージョンのダウンロードと展 開を行なう部分

    #!/bin/sh
    cd /tmp
    rm -f grass5.0.3_i686-pc-linux-i18n-ipafull-gnu_bin.tar.gz
    rm -f grass5_i686-pc-linux-i18n-ipafull-gnu_install.sh
    wget http://www.grass-japan.org/FOSS4G/ipafonts/grass5.0.3_i686-pc-linux-i18n-ipafull-gnu_bin.tar.gz
    wget http://www.grass-japan.org/FOSS4G/ipafonts/grass5_i686-pc-linux-i18n-ipafull-gnu_install.sh
    /bin/sh grass5_i686-pc-linux-i18n-ipafull-gnu_install.sh grass5.0.3_i686-pc-linux-i18n-ipafull-gnu_bin.tar.gz /tmp/grass5 /tmp/bin
    
  2. 所定のディレクトリにコピーし、設定を行なう部分

    ここでは /etc/fonts/fonts.conf 内の文字列 "Kochi Mincho" をすべて "IPAMincho" に、"Kochi Gothic" をすべて "IPAGothic"に置換することも行 なっています. す

    #!/bin/sh
    cd /tmp
    # FDIR=/usr/local/grass5
    FDIR=/usr/share
    cp /tmp/grass5/fonts/*.ttf ${FDIR}/fonts/ja/TrueType/
    sh /tmp/bin/grass5uninstall.sh
    cd ${FDIR}/fonts/ja/TrueType/
    mkfontdir
    mkfontscale
    cp /etc/fonts/fonts.conf  /var/tmp/fonts.conf
    cp /etc/fonts/fonts.conf  /etc/fonts/fonts.conf.$$
    cat /etc/fonts/fonts.conf | sed 's/Kochi Mincho/IPAMincho/g' | sed 's/Kochi Gothic/IPAGothic/g' > /tmp/fonts.conf
    cp /tmp/fonts.conf /etc/fonts/fonts.conf
    

この操作後、不具合(日本語が表示できないなど)が発生したら、/var/tmp/fonts.conf を使って、元に戻して下さい

cp /var/tmp/fonts.conf /etc/fonts/fonts.conf

(参考) 「GRASS Japanサイト」 によれば、IPAフォントは次の5書体です.

  1. ipag.ttf ゴシック体 IPAフォント
  2. ipagp.ttf ゴシック体プロポーショナル IPAフォント
  3. ipagui.ttf ゴシック体UI IPAフォント
  4. ipam.ttf 明朝体 IPAフォント
  5. ipamp.ttf 明朝体プロポーショナル IPAフォント

IPAフォントの改変、再配布は慎んだ方が良いでしょう(ど うしても改変や再配布し たいときは、ライセンス条項を熟読して下さい). 各個人のマシンで IPA フォ ントを楽しむために上記の手順を書いています.

参考 Web ページ: 「GRASS Japanサイト」 http://www.grass-japan.org/FOSS4G/


まとめ

Linux のインストールに先立って、次の事項を調べておく必要があることが分かった. (NIS, DNS のサービスを受けるために必要な設定項目)

以上です.