トップページ -> 研究道具箱と教材 -> Apache, MySQL, PHP, phpMyAdmin のインストールと各種ツールの使用法 -> phpMyAdmin の機能
[サイトマップへ]  

phpMyAdmin の機能

phpMyAdmin とは,MySQL に関する各種操作を,Web ブラウザから簡単に行えるツールです.

日本語にも対応しています.

この Web ページでは,phpMyAdmin の操作法を説明します.


必要となるソフトウエア

あらかじめ決めておく事項

この Web ページでは,データベースの作成を行いますので, 作成するデータベースのデータベース論理名と漢字コードと照合順序を決めておくこと. この Web ページでは,次のように書きます.

データベース・一般ユーザのアカウント作成データベースの作成と権限の設定には, MySQL データベース管理者ユーザ名パスワード必要になるので, 前もって調べておくこと.


phpMyAdmin の機能

phpMyAdmin が持つ以下の機能を説明します.


MySQL サーバとの接続と切断

接続

phpMyAdmin で MySQL を使うには, 最初に,phpMyAdmin において,MySQL への接続を行う必要があります.そのためにログインを行います。

以下,MySQL データベース管理者 (root) としてログインする手順を説明します.

  1. phpMyAdmin の Web ページを開く

    Web ブラウザで,http://localhost/phpmyadmin/ を開く

  2. MySQL データベース管理者でログイン

    下記のような表示が出て,ログインができないときは,MySQL データベース管理者 (root) パスワードに関する phpMyAdmin 側での設定をやり直す.


    (ログインできないことを示す画面)

  3. phpMyAdmin トップ画面の確認

    ログインに成功すると,phpMyAdmin トップ画面が現れる.

ログアウト

Web ブラウザを閉じる


 

データベース・一般ユーザのアカウント(ユーザ名とパスワード)作成

データベース・一般ユーザのアカウント作成(ユーザ名とパスワードの設定)を行う手順は次の通りです.

  1. phpMyAdmin の Web ページを開く

    Web ブラウザで,http://localhost/phpmyadmin/ を開く

  2. MySQL データベース管理者 (root) としてログイン

    phpMyAdmin で MySQL サーバと接続するために, 現れた画面で,ユーザ名とパスワードを入力し,「実行する」をクリックして,ログインする.

    今回は, データベース・一般ユーザのアカウント作成を行いたいので, MySQL データベース管理者 (root) としてログインします.

  3. phpMyAdmin トップページで,「特権」をクリック

  4. 次のページで,「新しいユーザを追加する」をクリック

    なお,pma とあるのは,シャットダウン用なので,削除したりしてはいけない.

  5. 次のページで,作成したい データベース・一般ユーザのアカウントの ユーザ名パスワードなどを設定できる.

 

データベースの作成と権限の設定

データベースを作成するには,以下の手順を踏む

  1. 前準備(データベース名と,漢字コードを決めておく)

    MySQLが扱える漢字コードは,下記のように,複数種類あります.

    データベースを生成するときに,漢字コードと照合順序を指定できます. (照合順序といっているのは,ソートや集約における照合において,デフォルトでは,大文字と小文字を区別するかそうでないかを指定するという意味です. 詳しくは http://dev.mysql.com/doc/refman/5.0/en/charset-collate.html

  2. phpMyAdmin の Web ページを開く

    Web ブラウザで,http://localhost/phpmyadmin/ にアクセス.

  3. MySQL データベース管理者 (root) としてログイン

    phpMyAdmin で MySQL サーバと接続するために, 現れた画面で,ユーザ名とパスワードを入力し,「実行する」をクリックして,ログインする.

    今回は, データベース・一般ユーザのアカウント作成を行いたいので, MySQL データベース管理者でログインします. 権限上,MySQL データベース管理者だけがデータベースを作成できるため.

  4. phpMyAdmin トップページで,「データベース」をクリック

  5. 次のページでは,下のほうに「新規データベースを作成する」とあるので, データベース名と,照合順序を設定し, 「作成」をクリック.

    cp932 の場合】

    cp932 にしたい場合には,照合順序を「cp932_japanese_ci」のように設定します.そうすると,漢字コードが自動的に「cp932」のように定まります. つまり,照合順序を設定すると,漢字コードも設定できたことになります.

    utf8 の場合】

    utf8 にしたい場合には,照合順序を「utf8_unicode_ci」のように設定します.そうすると,漢字コードが自動的に「utf8」のように定まります. つまり,照合順序を設定すると,漢字コードも設定できたことになります.

  6. 新しいデータベースが生成されたことを確認

    データベース ... を作成しました」というメッセージが出るので確認する.

    cp932 の場合】

    「実行したSQL」のところに,

    CREATE DATABASE 'testdb' DEFAULT CHARACTER SET cp932 COLLATE cp932_japanese_ci;
    

    のように表示されるので,漢字コードと照合順序が確認できます.

    utf8 の場合】

    「実行したSQL」のところに,

    CREATE DATABASE 'testdb' DEFAULT CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_unicode_ci;
    

    のように表示されるので,漢字コードと照合順序が確認できます.

権限の設定

このままでは,出来たデータベースは,MySQL データベース管理者にしか使えない. 権限を設定して,一般ユーザにもデータベースが使えるようにする.

データベース testdb の使用権限を,ユーザtestuser に与えるための操作は次の通り.

  1. phpMyAdmin の Web ページを開く

    Web ブラウザで,http://localhost/phpmyadmin/ にアクセス.

  2. MySQL データベース管理者 (root) としてログイン

    phpMyAdmin で MySQL サーバと接続するために, 現れた画面で,ユーザ名とパスワードを入力し,「実行する」をクリックして,ログインする.

    今回は, データベース・一般ユーザのアカウント作成を行いたいので, MySQL データベース管理者でログインします. 権限上,MySQL データベース管理者だけがデータベースを作成できるため.

  3. phpMyAdmin トップページで,「特権」をクリック

  4. ユーザ名の一覧が現れるので,権限を与えたいユーザ名(例えば 「testuser」)の 左端にあるチェックボックスをチェックした後, 右端にあるアイコンをクリック

  5. 特権を編集するためのページが現れるので,特権を編集する

    今回は,データベース単位で権限を設定したいので, ページの少し下のほうにある「データベースに固有の特権」で, データベース名を選ぶ.すると,ページが切り替わる.

  6. 次のページでは,表示されたデータベース名を確認のうえ,権限を設定し, 「実行する」をクリック.

  7. エラーメッセージが出ていないことを確認


 

SQL の編集と実行,SQL 実行結果のファイル出力

SQL によるテーブルの定義と,問い合わせと,更新の実行例は下記の通り.

  1. phpMyAdmin の Web ページを開く

    Web ブラウザで,http://localhost/phpmyadmin/ にアクセス.

  2. データベース・一般ユーザとしてログイン

    phpMyAdmin で MySQL サーバと接続するために, 現れた画面で,ユーザ名とパスワードを入力し,「実行する」をクリックして,ログインする.

    データベース・一般ユーザでログインする (MySQL データベース管理者でログインで接続する必要はないし,誤操作によって生じる危険が大きい).

  3. phpMyAdmin トップページで,「データベース」をクリック

  4. 次の画面で,「操作したいデータベースのデータベース名」をクリック

    今回は,先ほど作成したデータベース testdb をクリックしてみる.

  5. 次の画面で,「SQL」をクリック

    もし,「このデータベースにはテーブルがありません」というメッセージが出たとしても,無視してよい. これ以降のページで,SQL を実行し,簡単にテーブルを作ることができるから.

  6. SQL」をクリックすると,「サーバ ... 上でクエリを実行する」のウインドウが開く. ここで,SQL を入力できる.

  7. 試しに,下記の SQL プログラムを入力してみる.
          CREATE TABLE commodity (
              type INTEGER primary key not null,
              name VARCHAR(32) not null,
              price INTEGER );
          INSERT INTO commodity VALUES( 1, 'apple', 50 );
          INSERT INTO commodity VALUES( 2, 'orange', 20 );
          INSERT INTO commodity VALUES( 3, 'strawberry', 100 );
          INSERT INTO commodity VALUES( 4, 'watermelon', 150 );
          INSERT INTO commodity VALUES( 5, 'melon', 200 );
          INSERT INTO commodity VALUES( 6, 'banana', 100 );
          SELECT * FROM commodity;
    

  8. 実行する」をクリック.

    期待される結果.

           TYPE NAME       PRICE
           ---- ---------- -----
              1 apple         50
              2 orange        20
              3 strawberry   100
              4 watermelon   150
              5 melon        200
              6 banana       100
    


 

テーブルの一覧表示と中身の表示と更新(行の追加,行の削除,値の更新)

テーブルの中身を簡単に閲覧でき,行の追加,削除,更新も簡単に行えるので便利です.挿入は,次の手順で行います. phpMyAdmin で,

  1. phpMyAdmin の Web ページを開く

    Web ブラウザで,http://localhost/phpmyadmin/ にアクセス.

  2. データベース・一般ユーザとしてログイン

    phpMyAdmin で MySQL サーバと接続するために, 現れた画面で,ユーザ名とパスワードを入力し,「実行する」をクリックして,ログインする.

    データベース・一般ユーザでログインする (MySQL データベース管理者でログインで接続する必要はないし,誤操作によって生じる危険が大きい).

  3. phpMyAdmin トップページで,「データベース」をクリック

  4. 次の画面で,「操作したいデータベースのデータベース名」をクリック

  5. 操作」の下にあるアイコンで, 表示,構造(定義)の確認,検索,挿入などの操作が簡単にできる.


 

テーブルのインポート,エクスポート

CSV 形式のファイルに,テーブルの中身をエクスポートすることも簡単に行えます.

  1. トップページで,「データベース」をクリック

  2. その後,使用するデータベースをクリック

  3. 「インポート」,「エクスポート」をクリック