トップページ -> 研究道具箱と教材 -> Apache, MySQL, PHP, phpMyAdmin のインストールと各種ツールの使用法 -> XAMPP for Windows のダウンロードとインストールと設定
[サイトマップへ]  

XAMPP for Windows のダウンロードとインストールと設定

XAMPP for Windows とは

XAMPP for Windows とは,以下のソフトを一括インストールするソフトウエアです. この Web ページでは,インストール手順と設定手順を図解で示します.

サーバを公開するのなら,セキュリティの設定が必要です。その場合は,XAMPP を使わずに, 各ソフトを個別でインストールする方が楽でしょう. その場合は,「Apache, MySQL, phpMyAdmin のインストールと設定」の Web ページを見てください


あらかじめ決めておく事項


ダウンロードとインストール

XAMPP for Windows のダウンロードとインストールと動作チェックを行う.
  1. Web ページを開く.

    http://www.apachefriends.org/jp/index.html

  2. プロジェクトページにジャンプ

    Web ページに「XAMPP」とあるので,クリックすると, プロジェクトページにジャンプする

  3. XAMPP for Windows にジャンプ

    Web ページを少し下ったところに「XAMPP for Windows」とあるので,クリックすると, XAMPP for Windows のページにジャンプする

  4. XAMPP ダウンロードファイル一覧部分にジャンプ

    「ダウンロード」のところにある 「XAMPP」 をクリックすると, XAMPP ダウンロードファイル一覧部分にジャンプする.

  5. ダウンロード開始

    「XAMPP Windows 版」のところにある「EXE (RAR-Sfx)」をクリック

  6. ダウンロード開始の確認

    ダウンロードが始まるので確認する.

  7. ダウンロードしたファイルの実行

    ダウンロードしたファイルを実行する

  8. 解凍先の指定

  9. 解凍

  10. インストールの開始

    「y」のままでよい.Enter キーを押す.

  11. 確認表示

    このままでよい.Enter キーを押す.

  12. ドライブレターなしの XAMPP を作るか

    「n」のままでよい.Enter キーを押す.

  13. インストール終了の確認

    Enter キーを押す.

  14. タイムゾーンの設定

    「Asia/Tokyo」のままでよい.Enter キーを押す.

  15. 設定

    セキュリティは一切気にしない(マシンは何らかの別の手段で保護する)と考えて, 3, 4, 5, 6, 7 は無視する.

    Apache と MySQL の起動チェックを行いたいので,XAMPP コントロールパネルを起動することにする. 「1」キーを押して,Enter キーを押す.

  16. Apache と MySQL の起動

    XAMPP コントロールパネルで,Apache と MySQL の右横が「Start」になっている場合には, Apache と MySQL が起動していないという意味なので,下記の手順で,手動で起動する。

    まず,Apache の右横の「Start」をクリックする

    XAMPP コントロールパネルの下側のウインドウに,「Apache started起動」と表示されることを目視で確認しておく.

    XAMPP コントロールパネルで,Apache の右横に「Stop」と表示されることも確認する.

    Apache のときと同様の操作. XAMPP コントロールパネルで,MySQL の右横の「Start」をクリックする

    XAMPP コントロールパネルの下側のウインドウに,「MySQL起動」と表示されることを目視で確認しておく.

  17. phpMyAdmin の起動チェック

    Web ブラウザで http://localhost/phpmyadmin/ を開いて,phpMyAdmin の画面が現れれば OK.

  18. 環境変数 PATH の設定

    環境変数 PATH に

    C:\xampp\mysql\bin
    

    を追加.


動作テスト

まずは,Apache http サーバを使ってみます.

  1. ホームページを開く

    http://localhost/index.html

次に,PHP に組み込まれている「拡張 (Extension)」の確認などを行ってみます.

  1. XAMPP を開く

    http://localhost/xampp/

  2. 日本語」をクリック

  3. 左側のタブの中にある「phpinfo()」をクリック

    下記のように,いろいろな情報が取り出せます.


よくあるトラブルと解決策

MySQL サーバに接続できない

インストール時のTCPポート「3306」がWindowsファイヤーウォールで承認されていないという場合がある. 次の手順でWindowsファイヤーウォールを設定すると直ることがある.

  1. Windowsファイヤーウォール設定
  2. 「例外タブ」→「ポートの追加」

  3. 「名前 MySQL ポート番号 3306 TCP 選択」


キャラクタセットに関する設定

既定(デフォルト)のキャラクタセットとして, cp932utf8 などを以下の手順で設定しておくこと. 設定をしなくても「何となく」動くことが多いですが,文字化けなどのトラブルの可能性が増えます.

MySQL バージョン 5.1 以上での設定手順です (5.0 以下は違う手順になります).

  1. 「my.ini」をエディタで開く

    XAMPP を使って MySQL をインストールしたので,my.ini の場所は c:\xampp\mysql\bin\my.ini のようになっている.

  2. 次の3箇所を追加する

    文字コードcp932にしたい場合には,次のように my.ini を書きかえる.

    1. [mysqld]部分
      default-character-set=cp932
      skip-character-set-client-handshake
      

    2. [mysqldump]部分
      default-character-set=cp932
      

    3. [mysql]部分
      default-character-set=cp932
      

    文字コードutf8にしたい場合には,次のように my.ini を書きかえる.

    1. [mysqld]部分
      default-character-set=utf8
      skip-character-set-client-handshake
      

    2. [mysqldump]部分
      default-character-set=utf8
      

    3. [mysql]部分
      default-character-set=utf8
      

  3. 書き換えた後は,MySQL サーバを再起動

  4. status コマンドを使い,キャラクタセット(character set) の設定が「cp932」になっていることを確認.

※ キャラクタセットの設定をせずに,すでにデータベースを生成してしまった! という場合には, 上記の手順で解決の手がかりがつかめるかも知れません.


(重要) XAMPP セキュリティ上の設定

MySQL データベース管理者 (root) パスワードの設定

XAMPP をインストールした直後は,デフォルトの設定になっていますが,デフォルトの設定では,MySQL データベース管理者 (root) にパスワードがないという危険があるので,必ずパスワードを設定しておくこと。

  1. XMAPP トップページを開き,「日本語」をクリック

    Web ブラウザで, XMAPP トップページ (http://localhost/xampp/splash.php) を開き,画面の中の日本語をクリック。

  2. XAMPP セキュリティのページにジャンプ

    左側のフレームで,「セキュリティ」をクリック。

  3. MySQL のセキュリティコンソール & XAMPP のディレクトリ制御のページにジャンプ

    このページの少し下のほうに,「http://localhost/security/xamppsecurity.php」とあるので,そこをクリック

  4. ■ 重要 ■ データベース管理者 (root) パスワードの設定

    現れた画面で, データベース管理者 (root) パスワードを設定できる。

phpMyAdmin のリモートサイトからのアクセス禁止

リモートから phpMyAdmin にアクセスすることを禁止するには, Apache の設定ファイルC:\xampp\apache\conf\extra\httpd-xampp.conf をエディタ等で開き, 次のように変更する.

変更前

    Alias /phpmyadmin "C:/xampp/phpMyAdmin/"
    <Directory "C:/xampp/phpMyAdmin">
        AllowOverride AuthConfig
        Order allow,deny
        Allow from all
    </Directory>

変更後

    Alias /phpmyadmin "C:/xampp/phpMyAdmin/"
    <Directory "C:/xampp/phpMyAdmin">
        AllowOverride AuthConfig
        Order deny,allow
        deny from all
        allow from 127.0.0.1 localhost
    </Directory>

「127.0.0.1」は,ローカルからのアクセスのみ許可という意味.この部分には, 好きなIPアドレス,範囲を並べて書くことができる.是非,設定しておくべき.

設定後は,http//localhost/phpmyadmin を開いて,ローカルからのアクセスができる,などを確認しておく.

パスワードの設定

Web ページへのアクセスで,パスワードを要求するようにするには,次のように設定します.

で説明しています.

すでに他のユーザが存在するときは -c をはずす

cd C:xampp\apache\bin
passwd -b -c C:xampp\apache\conf\.htpasswd testuser hoge$#34hoge5
cat c:xampp\apache\conf\.htpasswd testuser hoge$#34hoge5
vi <保護したいディレクトリ>\.htaccess
----
AuthGroupFile /dev/null
AuthName "testuser (MySQL) Page"
AuthType Basic
require valid-user